Learning Multi-Pitch / マルチピッチ教えてもらいました。

IMG_0120

I did my first multi-pitch climb at Metcalfe Rock in Southern Ontario this weekend. I’m still figuring out all sorts of knots and ways of setting up anchors and belaying at a second stop and above.

Although what I did was a very simple two-pitch sport route with a 5.7 start and a 5.5 finish, it felt a lot like “climbing” comparing to other single-pitch sport climbing I had been doing. There’s something about setting up your own safety systems and having the knowledge and skills to make decisions in such an exposed environment.

We had a very experienced climber who was nice enough to teach me the very basics of multi. I really appreciate the mentorship that is so essential in climbing. It’s beyond generosity and patience to teach a beginner climber like me who would be solely responsible for safety when something happens. I want to keep the right attitude to make teaching days like this as positive as possible.

I often tell myself this motto by a Japanese copywriter, Shigesato Itoi, “kind, strong, and fun” (literal translation), and it clicked again this weekend.

今週末、初のマルチピッチを体験してきました。場所はオンタリオ州の南に位置するMetcalfe Rock。まだまだ教えてもらったいろんなノット(ロープの結び目)やらセカンドストップからのビレー方法やらアンカーの作り方やら、わかってるんだかわかってないんだかわからないことが沢山ですが、とても楽しかったです。

教えてもらったルートはとてもシンプルな5.7ルートから始まり5.5ルートで終わるものでしたが、自分で安全確保システムを作り、岩肌にぶら下がっている正気を失いそうな中でその場の状況によって自己判断をしながら上を目指す、ということになんとも言えぬ満足感がありました。今までやってきたシングルピッチのルートとはまた違うクライミングの世界。

当日は経験がかなりあるクライマーの方に教えてもらいましたが、この「経験者が未経験者に教える」ということが、どれだけクライミングの世界では重要なのか改めて考えさせられました。「寛大さ」とか「我慢強さ」とか以上の覚悟がなければ私のような初心者に、命綱の作り方を教えるなんてこと出来ないよな、と思いました。こういう「勉強する日」にはいつも以上に良き心構えで行くことが大切な気がします。

糸井重里さんの「やさしく つよく おもしろく」という言葉を良く念じていますが、ここでもまたハマった気がします。

IMG_0122